IQOSの特徴

喫煙者のイラスト

IQOS(アイコス)は加熱式のタバコであり、従来のタバコと比較するとかなり害の少ないものとなっています。
これにより喫煙者の人はこれまでほど周囲を気にする必要もなくなりましたし、禁煙者の人も怪訝な顔をすることが減ったのではないでしょうか。
さて、加熱式のタバコというのはどういったものかというと、ライターやマッチで火をつけるのではなく、電熱によってタバコの葉を温めるものです。
これにより蒸気が発生し、タバコを吸っているかのような感覚を味わえるのです。
IQOSにもニコチンやタールといった有害物質は含まれているので、完全に無害とは言えませんが、従来のタバコに比べれば遥かにそのリスクを抑えることができるでしょう。
また、IQOSは充電式ですので、喫煙するためには相応の充電をしたうえで使用することになります。
1回の喫煙ごとに数分の充電時間が必要なことから、チェーンスモーカーの人にとっては喫煙量を減らすいい機会となることでしょう。

IQOSは売り切れ続出の人気商品ですが、通販サイトであればまだ購入可能な状態です。
喫煙量を減らしたいという方やIQOSを試したいという方は、ぜひ通販サイトで購入してみましょう。
ただし、電熱を使ってタバコの葉を温めるという方法からもわかるように、吸ったあとはかなりの高温となることもあります。
無闇に触ると火傷をしてしまう危険がありますし、扱い方によっては火事などの大事故につながることもあるので、扱いには充分気をつけましょう。